MENU
プロフィール背景画像
岡下 真弓
女性美ディレクター
大学薬学部卒業後、大手化粧品会社の研究開発に取り組む。その後、薬剤師として1998年より調剤薬局にて勤務。国立病院、労災病院など大型広域行政法人病院前薬局に勤務、現在に至る。

日経ARIA WEB「愛でる気持ち」に掲載されました。

日経ARIA WEBの連載「愛でる気持ち」に掲載されました。
ARIA読者会員が自分の「いくつになっても好きな人」について語るコーナーです。

大学卒業後化粧品会社研究開発に携わっていたころ、「売れるもの」より「女性を美しく見せるもの」を提供したい思いが常にあり、ジレンマに陥っていました。

そんな時一貫した透明感のある女性の美しさを表現している藤原美智子さんのメークに心惹かれたのが始まりです。

ずっと思い焦がれていたわけではありませんが、自分のターニングポイントに必ず指針となる姿や言葉を表現されているのです。

これは第一に常に第一線におられるため目にすることができた。第二に自分がぶれそうになった時に、美智子さんが大事になさっていることが私のそれと同じであること、またそれがぶれていないことが理由ではないかと思います。

人はさまざま影響を受け自分の考えに自信をなくしてしまいがちです。
そんな時自分が好きな人が、そっとぶれそうな心を立て直してくれる
こんな幸せなことはありません。

みなさんにとって好きな人はどんなひとですか
その人のことをなぜ好きになったのですか?
理由を考えてみると、自分が大切にしていることが見えてくるかもしれませんね。
よろしければ私の記事を読んでください

日経ARIA
内面の美しさで人は輝く 藤原美智子さんは人生の指針
内面の美しさで人は輝く 藤原美智子さんは人生の指針時間に追われる忙しい毎日も、仕事でうまくいかないことがあったときも、「あの人」のことを思えば頑張れる…。いくつになっても「好き」は私たちにポジティブなパワーを与...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

岡下真弓のアバター 岡下真弓 女性美ディレクター

・美養エイジングアドバイザー
・女性美ディレクター
・ホルモン専門薬剤師

ありのままの自分をたくさん愛していきましょう

コメント

コメントする

目次
閉じる