MENU
岡下 真弓
女性美ディレクター
大学薬学部卒業後、大手化粧品会社の研究開発に取り組む。その後、薬剤師として1998年より調剤薬局にて勤務。国立病院、労災病院など大型広域行政法人病院前薬局に勤務、現在に至る。

「岡下真弓のBi-You-Do」Vol.37 ゲスト 大阪夕陽丘学園短期大学 食物栄養学科 治京玉記教授

ゲスト紹介

治京玉記教授は、ポスドク研究員、ドイツ連邦共和国 ウルム大学 財団奨学生として留学、帰国後研究員として活躍された後、大学教授となられました。

お話を伺った中で印象的であった言葉「知識は身を助ける」
そのような思いがあられるから、画期的な授業に取り組まれているのだと思いました。

新型コロナウイルスの影響でよって今まで当たり前に行ってきた対面授業が困難な時
先生はいち早くオンライン授業でも対面授業と同等の理解度が得られるように組まれました。

また、先生が教えておられる「生化学」は、たんぱく質やTCAサイクルって教科書ではわかりづらく、私も苦手な分野でした。しかし、いかに生徒さんに楽しんで興味をもって理解してもらえるかを考え、なんとたんぱく室を3Dプリンタやホログラムを用いて、解説されています。
私も見せていただきましたが、とても美しくって愛おしい気持ちになりました。(私はベンゼン環オタクだったものですから)

興味を持つ、正しく調べる、自分のものにするいくつになっても必要なことですよね。
私も先生の授業を受けたいと感じました。

放送アーカイブ

下のプレイヤーから8月18日放送の番組をお聴きいただけます。

ラジオを聞いてご質問などあれば、ページ下のコメント欄にメッセージをお送りください。

提供先

JR西明石駅 徒歩4分
心と体を元気にする 綺麗のパワースポットかなざわ薬房

エシカルな暮らしをKIBIからはじめよう
フェミニズムブレンドハーブティー「KIBI」

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

岡下真弓のアバター 岡下真弓 女性美ディレクター

・美養エイジングアドバイザー
・女性美ディレクター
・ホルモン専門薬剤師

ありのままの自分をたくさん愛していきましょう

コメント

コメントする

目次
閉じる