MENU
プロフィール背景画像
岡下 真弓
女性美ディレクター
大学薬学部卒業後、大手化粧品会社の研究開発に取り組む。その後、薬剤師として1998年より調剤薬局にて勤務。国立病院、労災病院など大型広域行政法人病院前薬局に勤務、現在に至る。

美養憧流 夏の養生法

熱くなると食欲が低下し、そうめん、サラダ、清涼飲料水などのあっさりしたものを摂る事が多くなります。

しかしこのメニューでは胃腸を冷やしてしまい、胃もたれ、下痢になりやすくなります。そんな時は胃腸を温めるメニューを取り入れるようにしましょう。

また体力がなく、食欲不振、嘔気、胃もたれがある場合、漢方では六君子湯を用います。もちろん熱中症や暑気あたりの場合は漢方薬を服用すると同時にこまめに水分摂取や塩分摂取をすることが大切です いずれにしても、暑くなってくると体内にある「気」をたえず体外に十分に発散させることが必要です。

かといって、ジュースやアイスクリームばかりでは、エネルギーをムダに消費し、夏バテをひきおこすことになります。
身体の調子を整えるためには「食事」がもっとも大切です。したがって、酸味や香辛料、塩味を適当にきかせ胃腸の働きを刺激することが大切です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

岡下真弓のアバター 岡下真弓 女性美ディレクター

・美養エイジングアドバイザー
・女性美ディレクター
・ホルモン専門薬剤師

ありのままの自分をたくさん愛していきましょう

コメント

コメントする

目次
閉じる